『協力休業』

お久しぶりです。
非常事態宣言7都府県から全国へ、
新型コロナウイルスで大変なことになっています。
もちろんホール業界に限った話ではないことは百も承知ではありますが、
業界にとって過去最大の危機であることは間違いありません。
店舗数でダイナムさん、マルハンさんに次ぐ第3位のキコーナさんは、
4/8から全157店舗を休業されました。
もはや死活問題などというレベルではないです。
一日も早い終息を願うばかりですが、
新型コロナとの闘いは1年、2年、10年かかるともいわれていて、
まったく先の見えない状況にあります。

国や自治体からの休業要請を受け、
苦渋の決断で休業協力することに、
『協力休業』という表現が生まれています。
↓Twitterから

何でもかんでも自粛、自粛。
自粛 ”自分から進んで、行いや態度を改めて、つつしむこと。”
自らすすんで全商売止める事業者なんていないです。
『協力休業』、イイと思います。

なお、休業はせず時短などで営業継続しているお店もあります。
批判意見があるのもわかりますが、
休業も、営業継続も、どちらも大変な苦渋の決断なわけで。
「店閉めろ!」は「死ね!」と同じなわけで….。

買い物に行ってもスーパーは人でごった返しています。
自粛は利用者ひとり一人、考えて行動するしかありません。

皆様、どうぞご無事で。
また楽しくパチンコできる日が来ますように!!!!