民事再生、(株)松本日栄。

日栄_1
10月30日(金)、帝国データバンクの大型倒産速報がありました。

パチンコホール経営
株式会社松本日栄
民事再生法の適用を申請
負債46億円

リンク http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/4102.html

過去の業績、出店加速などは各媒体で詳細が見られるので割愛します。

“2014年10月期の年収入高は約62億1600万円にとどまっていた”

店舗数、結構あったよなぁ と思った次第で、
どのくらい売上、稼働が低迷していたのか?にフォーカスしてみます。
今年になって閉鎖した2店舗を加え、現在営業中の12店舗と合わせて計算します。

ニチエイ台売_2

(期中若干の増減台はありますが最新の台数で計算しています)

なんと驚きの台売上、 3,286円 です。台粗利ではありません。
低貸し拡大とはいえ、この売上では厳しいですよね…。
(もしかして、グループ別法人名義の店舗は別?
にしても、台売り4,000円程度にしかなりませんが)

再生の道は厳しいと思います。

じゃあ、どのくらい売ってたら大丈夫なのか!?

で、ついでに、業界大手の決算数値から同様にザックリ計算してみました。
ガンガン店舗を増やしたダイナムさんは、適当に台数を引いてあります。
ザックリですから、細かいことは気にしない(笑)

・マルハン  1,952,304(百万円) 約21.3万台 台売上 約25,000円
・ダイナム   826,072(百万円) 約17.2万台 台売上 約13,200円
・ガイア     347,839(百万円) 約8.8万台 台売上 約10,800円

さすがに大手で台売上が1万円以下の企業は無さそうですね。

ダイナムさんは台売上は低いのに利益がでるのがスゴイところ。
圧倒的なローコスト運営の賜物でしょう。
ちなみにダイナムさんの1日1台当たり経費は、約2,000円程度ですから、
台粗利2,400円レベルでも黒字をキープできるわけです。

実は中堅企業も試算してみたのですが、
公表しても誰にも喜ばれないと思うのでやめておきます(笑)