P-WORLD登録店舗数が1万店割れ

いつかはこんな日が来るとわかっていましたが…。

P-WORLD登録店舗数が2/28現在で9,993店へと減少、遂に4桁になりました。
市場は確実に縮小しているので一喜一憂しても仕方ないのですが、1年365日 P-WORLDを見る私にとってはメモリアルな日になりました。

昨年11月末、全日遊連の登録店舗数が1万店を割ったものの年末のオープンラッシュで12月に回復、1月には再び1万店を割り込み9,964店とのニュースが先日ありましたね。

なお本日現在、遊技産業健全化推進機構の登録店数は10,933店です。

全てのホールが全日遊連に加盟するわけではなく、
全てのホールがP-WORLDに登録しているわけでもありません。
特に最近はP-WORLD離れも見受けられます。

機構の登録は基本的に営業許可単位ですから、見た目や実質的には2階建ての1店舗でも、パチンコフロアとスロットフロアを別店舗申請している場合などには2店舗とカウントされます。
例えば、東京都足立区を見てみると機構では53店舗ですが、P-WORLDでは44店舗となっています。
ピーアークさん、ことぶきさんなどが同一建物での複数店扱いとなっているためです。
ちなみにP-laboホールデータの足立区は現在45店舗。
商圏分析用のため、主にはP-WORLD的な把握をする方が便利だからです。(P-WORLDより1店舗多いのは開店準備中のメッセ竹の塚店)

実態としては何店舗?というのも、考え方によって変わりますが、
P-laboホールデータ的な考え方としては約10,600店 です。

10年前には15,000店あったP-WORLD。
10,000店割れは感慨深いですよ…。